東京の家族葬のことならエルセレモニーにお任せください

個人情報保護について個人情報保護についてメールでのお問合せ

東京の葬儀や家族葬エルセレモニー03-5631-7580

HOME

初めての方へ

基本葬儀プラン

直葬プラン

ご相談からの流れ

困ったときのQ&A

困ったときのQ&A

会社概要

お電話・メールでのお問い合わせ

お問い合わせは24時間・365日受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

TEL:03-5631-7580 / メールはこちらから

訪問相談・お打ち合わせ

どんな葬儀にしたいかなど、詳しくプランを立てます。
万が一のときのためにも、是非ご相談ください。

また、訪問相談は全て無料で実施しております。

プランご提案・お見積もり

お客様のご希望に合わせた当社のプランをご提案いたします。
お見積もりのご確認もこの時点でしていただいております。

ELセレモニー

top

ご逝去

死亡の確認は、医師が行います。

お通夜・ご葬儀・告別式の決定

1:葬儀社との連絡

葬儀社に連絡し、お通夜での祭壇の設置場所や設営の時間などを決めるとともに、
ご葬儀全体の規模や予算・段取りなども決めていきます。

ご葬儀の日取りは、葬儀社と宗教者(お寺や神社など)を交えて
綿密に打ち合わせて決めるのがよいでしょう。

2:宗教者との連絡

ご葬儀の形式は故人の宗教に合わせます。
普段から進行している宗教者(お寺や神社など)があれば、すぐ連絡しましょう。
なければ、葬儀社に宗派を伝えて紹介してもらうことも出来ます。

3:火葬場との連絡

火葬場に連絡して予約をします。
火葬場は「友引」などによる休日もあるので、十分に注意してください。

親しい方への連絡

医師から危篤の宣告を受けたら、すぐに家族や親戚、親しい友人に電話などで連絡します。
親戚でも普段から交際のない人には連絡する必要はありません。
死亡宣告を受けた場合も同様ですが、いずれも用件を簡潔に伝えるのが大切です。
伝える内容をメモにまとめておくとよいでしょう。

死亡診断書

医師から死亡宣告を受けたら、「死亡診断書」を作成してもらいます。
「死亡診断書」は役場に「死亡届」を提出する際に必要なので必ず受け取ってください。
なおこの書類は死後7日以内に役場へ提出しないといけません。

「死亡届」の手続きが終わったら「火葬(埋葬)許可証」を受け取りますが、
これは葬儀当日に必要なので紛失しないように注意してください。

※弊社では担当スタッフが死亡届けのお手続きを担当いたします。

喪主の決定

ご遺族の代表である喪主は、一般的に配偶者や長男が務めます。
いない場合は故人との縁が深い順に選ぶのが基本です。

喪主は、葬儀社や宗教者(お寺や神社など)と相談して、
お通夜やご葬儀・告別式の段取りなどを決定します。

お通夜の連絡

お通夜やご葬儀を滞りなく行うためには、多くの方に早急に連絡する必要があります。

●葬儀社
お通夜やご葬儀を依頼し、実施の概要を決定します。

●町内会の代表者
死亡の事実と、お通夜の日時・会場を伝えます。

●ご親族・故人と親しい方
死亡の事実に加えて、お通夜の日時・会場を伝えます。
お通夜の前に来ていただきたい方には早めに連絡しておきましょう。

●宗教者
死亡の事実と、お通夜の日時・会場を伝えます。

※ご葬儀や告別式の日取りが決まっている場合は、あわせて伝えます。

top

お通夜の前に

お通夜の前に準備を済ませておきたいことはたくさんあります。
ひとつひとつ確認して忘れないように注意しましょう。

1:ご親族・ご友人・関係先・町内会などへの連絡
2:「死亡診断書」の受理
3:「死亡届」と「火葬(埋葬)許可証」の申請と受理
4:新聞の訃報記事への対応
5:遺影に使用する写真の用意(生前の面影が偲ばれる写真)
6:喪服や数珠などの用意
7:宗教者(お寺や神社など)の来ていただける時間・人数・送迎などを確認
8:世話役代表との相談
9:各種係員へのお願いと確認
(お客様係、受付、案内、会計、携帯品の預かり、接待、調理、車両の誘導など)
10:生花や花環・供物などの準備。
11:「通夜ぶるまい」(お通夜の後の会食)の準備
12:遠方から来られるお客様の宿泊先などの手配

お通夜の流れ(仏式の一部)

1:ご遺族と参列者の着席
2:僧侶の入場
3:読経
4:僧侶のご焼香
5:喪主から故人と近しい順にご焼香
6:参列者のご焼香
7:「通夜ぶるまい」へのご案内
8:お開きのご挨拶(喪主または葬儀委員長)

僧侶へのお礼(お布施)

僧侶へのお礼(お布施)は、葬儀社の係員と相談してお渡しするのが良いでしょう。

また、僧侶が「通夜ぶるまい」に出席できない場合は、
お礼を述べて折り詰め弁当をお渡しする場合もございます。

お通夜の対応

通夜の後、簡単な料理や飲み物を弔問客に供します。
これが「通夜ぶるまい」ですが、退出する弔問客を無理に引き止める必要はありません。

料理は折り詰め弁当や寿司、サンドイッチなどの食べやすい物が中心。
飲み物は、日本酒やビールのほか、お茶やジュースなども用意しておきます。

top

ご安置

仏式では、お釈迦様が頭を北に顔を西に向けて入滅した故事にちなみ、ご自宅に帰ってきた
ご遺体の頭を北に向けて寝かせ、顔を白い布で覆います。
これを「北枕」といいますが、北向きにできない場合は西向きでもかまいません。

ご遺体の枕元には白木の台か白布を掛けた小机を置き、「枕飾り」として
線香・ろうそく・花などを供えましょう。

地域や宗旨宗派によっては、天地を逆にしたり屏風を枕元に立てたり、魔除けとして「守り刀」を
置いたりすることもあるようです。

神式では、ろうそくと榊立てを八足台に、洗米・水・塩・お神酒・故人の好物などを三方に供えます。
キリスト教では枕飾りに当たる風習はありません。
小机に生花を供え、ろうそくや愛用の聖書、ロザリオなどを置きます。

世話役の決定

お通夜やご葬儀を円滑に進めるため、喪主を補佐する世話役を早めに決めましょう。
葬儀は多様な事柄を同時に進めないといけないので、経験が豊富でご遺族の事情に
通じた行動力のある人に頼むのが理想です。

戒名・法名・法号

故人が死後の世界へ安らかに旅立てるようにと授けられた名前を「戒名」といいます。
故人が戒名を生前にいただいていない場合は、僧侶にお願いして決めていただきましょう。

なお、戒名は浄土真宗では法名と呼び、宗派によっては法号とも呼びます。

枕経

代々お世話になっているお寺がある場合は、僧侶にお願いして枕飾りの後に
ご遺体の枕元でお経をあげていただきます。
これを「枕経」といい、故人の成仏を願う意味があります。

枕経の際、喪主とご遺族は喪服を着る必要はなく、地味な平服で構いません。
ただしアクセサリー類は外しておきましょう。

納棺

装束を着せてお化粧を施したご遺体を家族全員で支えながら静かにお棺へ納めます。
これを「納棺」といいます。ご遺体の手には数珠をかけて合掌させましょう。
ご遺体のまわりには、故人の愛用品や好物、生花などを入れますが、
宝石や金属類など火葬できないものは避けてください。

神道の儀礼(例)

神式のお通夜は「通夜祭」と呼ばれ、
故人と縁の深い人たちが集まって魂が帰ってくるのを祈ります。
主に次のような流れで行われるのが一般的です。

1:手水の儀
2:斎主と喪主の着席
3:献饌
4:祭詞奏上
5:玉串奉奠
6:撤饌
7:斎主拝礼
8:一同退出


お通夜の後、夜中に家中の電気を消して「遷霊祭(せんれいさい)」を行います。
これは仏式の位牌に相当する「霊璽(れいじ)」に故人の御霊を遷す儀式のこと。
この儀式により、故人の御霊は遺体を離れ、忌明け後に守護神になるとされています。

ご葬儀と告別式の準備

ご葬儀と告別式の前に済ませておくべきことは山のようにあります。
葬儀社や宗教者(お寺や神社など)、世話役とよく相談して、早めに準備しておきましょう。

1:喪主の挨拶文の作成
2:当日の座席配置の決定
3:世話役やお手伝いの方との打ち合わせ
4:葬儀社との打ち合わせ(一例)
 ・宗教者へのお礼の用意
 ・死亡通知状(会葬礼状)の手配
 ・各種記録帳の用意
 ・遺影の準備
 ・生花や篭盛(果物)の手配
 ・霊柩車やマイクロバス、ハイヤーの手配
 ・テントや受付用テーブル・椅子などの用意
 ・焼香の用具や骨壷の用意
5:宗教者との打ち合わせ(一例)
 ・スケジュールの調整
 ・来場の人数・時間
 ・火葬場に同行する人数
 ・送迎の有無
6:弔電を読む順番の決定
7:ご焼香順の決定
8:会食の準備
9:遠方から来られるお客様への対応
10:「火葬(埋葬)許可証」の用意

top

ご葬儀と告別式

「お葬式」として総称されることの多い
ご葬儀と告別式ですが、
本来はそれぞれ別の意味合いを持つ儀式です。

一般に、
ご葬儀がご遺族と近親者が個人の成仏を祈る儀式。
一方、告別式はご遺族や故人に生前かかわりの深かった
友人や知人が最後のお別れを告げる儀式です。

また、ご葬儀の持つ意味は同じ仏教でも宗派によって
異なることが珍しくありません。

たとえば浄土真宗が、心身が死滅した後は阿弥陀如来のお力で浄土へ往生させていただくという「往生即成仏」の教義。
そのため、ご葬儀は故人の生前を偲ぶとともに、浄土での再会を約束する儀式となります。

ご葬儀の流れ

あらかじめご葬儀や告別式の進行を頭に入れておくと、いざという時になって戸惑うこともありません。
ご葬儀の式次第は、おおよその次の限りです。(仏式の一例)

1:一同着席
2:開式の辞(司会者または進行役)
3:僧侶(導師)入場
4:読経
5:僧侶(導師)の焼香
6:読経
7:喪主・ご遺族・会葬者の焼香
8:僧侶(導師)の退席
9:弔電の披露
10:挨拶(喪主または葬儀委員長)
11:閉式の辞(司会者または進行役)

告別式の流れ

最近は、ご葬儀に引き続いて告別式が行われることが一般的です。
告別式の間、ご遺族は祭壇の脇に控え、必ず参列者の礼を受けて目礼するとよいでしょう。
弔辞や弔電が読まれる際は、軽く頭を下げて謝意を表します。

告別式の式次第は、おおよそ次の通りです。(仏式の一例)

1:僧侶(導師)入場
2:開式の辞(司会者または進行役)
3:読経
4:一般参列者の焼香
5:一般参列者の退場
6:僧侶(導師)の退場
7:閉式の辞(司会者または進行役)

キリスト教のご葬儀

キリスト教のご葬儀は、故人を神に委ねる祈りと神を讃える祈り、そして遺族への慰めが
主となりますが、カトリックとプロテスタントでは内容が異なります。

【カトリックの式次第】

1:祭典 (典礼賛歌〜献花〜集会祈願)
2:言葉の典礼 (聖書朗読〜詩篇〜福音書朗読〜説教〜共同の祈り)
3:感謝の典礼 (奉納祈願〜奉献文〜主の祈り〜平和の賛歌〜聖体拝領〜拝領祈願)
4:告別式
5:埋葬の祈り など

【プロテスタントの式次第】

1:奏楽 
4:キリエ(神への呼びかけ)
7:賛美歌斉唱
10:賛美歌斉唱
13:頌歌
16:遺族代表の挨拶 
19:埋葬の祈り

2:賛美歌斉唱
5:詩篇頌
8:故人略歴
11:頌歌
14:祝福
17:献花告別
20:納骨埋葬の祈り など

3:招詞
6:聖書朗読
9:説教
12:祈り
15:弔辞・弔電の披露
18:納棺の祈り

火葬場への移動

火葬場行きの車には、故人と近しい方が乗ります。
ご遺族やご親族は乗用車やマイクロバスなどに乗るのが一般的。
僧侶に同行していただくことも多いようです。

車が動き出したら、ご遺族は車内から黙礼で会葬者にご挨拶をしましょう。

火葬

火葬場に到着したら、「火葬許可証」を係員に提出します。
この許可証がなければ火葬ができませんので、絶対に忘れないようにしましょう。

僧侶の読経が始まったら喪主から順番に焼香をしてください。
読経と焼香が終わったら合掌します。

火葬には1時間から2時間ほどかかりますので、その間は待合室で待機しましょう。

精進落とし

お葬式が終わったら、自宅またはご葬儀の会場などで「精進落とし」の宴を開きます。
これは、ご遺族やご親族に加え、お世話になった方の労をねぎらい、感謝の気持ちをこめて
喪主が食事をふるまうもの。
宴席には僧侶もお招きしますが、辞退された場合は、「御前料」を包むことが多いようです。

なお、本来「精進落とし」とは、
ご遺族が忌明け後に初めて口にする肉や魚などの食事を意味していました。
ただ、最近ではお葬式の後の食事を精進落としの席に代えるのが一般的です。

お葬式の後に

お葬式が終わっても、しなければならないことは山積みです。
次にその一例を揚げますので、参考にしてください。

1:世話役やお手伝いいただいた方にお礼を述べ、次のものを受け取ります。
 ・香典と香典袋
 ・香典と供物の控え帳
 ・弔辞文と弔電
 ・芳名帳と名刺
 ・会計記録帳と残金 など
2:忘れ物の有無を確認します。
3:入院費用を清算します。
4:売り掛けや立て替えを清算します。
5:法要や納骨などについて寺社やご親族と打ち合わせをします。
6:領収書を整理します。
7:故人の勤務先や近所の方に挨拶します。
8:死亡通知や会葬礼状を送付します。
9:基本台帳の整理と作成をします。
10:ご遺族などで形見分けをします。

ELセレモニー